プラセンタの注射と錠剤それぞれのメリットデリット。


プラセンタを摂取するにはいろいろな方法があります。
その中でもプラセンタの注射と錠剤、それぞれのメリットとデメリットを比べてみましょう。

まず、プラセンタ注射のメリットは直接体内へ注入しますので即効性があり、ビタミン注射などと組み合わせて注射するとより高い美容効果が期待出来ます。
デメリットとしては保険が適用されませんので1回あたり千円~三千円程かかります。

錠剤のメリットとしては費用の面で注射に比べて割安ですが、効果を実感するまでには時間がかかります。
注射以外の方法でプラセンタを摂取すると、ゆっくりと効果が出ますので、即効性は期待出来ません。

個人差もありますが、だいたい半年くらいは飲み続ける必要があるでしょう。
通院の必要がない、というのも錠剤で摂取するメリットと言えるでしょう。
プラセンタ注射の場合、プラセンタの安全性は疑われていないのですがヤコブ病との因果関係が解明されていないという事で献血が出来なくなるようです。

カテゴリー: プラセンタの接種の仕方   パーマリンク

コメントは受け付けていません。

他にもこんな関連記事があります